ページ上へ

家庭用機器のデメリット

家庭用機器のデメリットを主張する女性

家庭用エステ機器は、持ち運びやすく簡単に使用ができて非常に便利です。
ではそんな便利な家庭用機器にデメリットは存在するのでしょうか?もちろん、良いところもあれば悪いところだって出てきますよね。
そこで家庭用機器のデメリットの部分を確認してみたいと思います。

家庭用キャビテーションについて

家庭用機器に不満を抱える女性

お店より効果が薄い

家庭用キャビテーションは、エステに通う値段に比べたら断然安く使用することができます。
しかし、やはりお店で使用している機械は業務用であり、数十万~数百万の大型の機械を使用しています。そのため、片手で収まるコンパクトなタイプの家庭用エステ機器と比べると、効果の差はとても大きいです。

またエステ機器は、周波数によって効果が異なります。
業務用と家庭用のエステ機器は、その周波数にも大きな違いがあります。
まず、キャビテーションの周波数を確認しておきましょう。

周波数

業務用キャビテーションの周波数は25~30khzを使用しています。
また、家庭用キャビテーションの多くは330khzといった周波数になります。
周波数は小さいほど衝撃が大きく、周波数が大きいほど衝撃が小さくなる仕組みです。

業務用では小さい周波数のキャビテーションを、扱いに慣れたプロが使用することでしっかりと安全に痩身効果を発揮するといった目的で使用されます。
また逆に家庭用キャビテーションでは、キャビテーションの詳しい使い方を習っていなくても、誰でも簡単かつ安全に使用し、ダイエットを手助けするといった目的として使用されます。

周波数の違いは、副作用にも現れます。
周波数が少なくなるにつれ、副作用が起こるリスクも高まります。
副作用では、音波による振動が骨に響くため、低い音が数時間耳に残ったり、普段感じることのない振動で身体がだるくなったりします。

この時のだるさは、軽いジョギングなどの運動をした後に感じるだるさに似ています。
しかし副作用といっても数時間もすれば、どちらも自然に消えるものですので、身体に悪影響があるわけではありません。
こういったことから、副作用リスクは高いが効果も高い低周波の機械は業務用として、副作用のリスクは低いが効果も低い高周波の機械は家庭用として、販売されているのです。

フル充電まで時間がかかる

時間がかかるイメージ

コードレスタイプのエステ機器は、やはり充電をしなれば動きません。
こちらも種類にはよりますが、大体の機器は数時間使用すると、充電には倍の時間がかかります。

例)使用2時間 = 充電4時間

そのため、充電を忘れて0から溜めるとなると、すぐに使用することができません。
持ち運びに便利な点からして、コードレスタイプを購入する方が多いと思いますが、コードレスタイプを購入された方は、電池の残量が0でなくても充電しておくことを癖付けておけば、常に満タンで使用することができるのでオススメです。
ただし、ずっとコンセントに繋げたまま放置していると、バッテリーの寿命が短くなってしまうタイプもありますので、過充電には気をつけましょう。

置く場所をとる

もので溢れかえる部屋

最新モデルが登場する度に着実にコンパクト化されていますが、それでもある程度の大きさは覚悟しなければなりません。
一人暮らしで1Rなどに住んでいる方だと、なおさら存在感がでてしまいますよね。
また、使用前や使用後は充電コードを挿しておかないといけないため、コンセントの空きが少なくなるのも少し難点だったりします。

アフターケアが大事

ケーキを我慢する女性

家庭用機器では、機械の他にプロの手による施術や、食事・運動・生活習慣などのアバイスといったサポートがないため、自分の意思のみでダイエットを続けなければなりません。
また、機械で脂肪を分解させた後はすぐにマッサージで流す作業を行わなければ、ただ脂肪が分解されて体内に残ったままで、老廃物として蓄積されている状態になります。
ここを怠ればいくら家庭用機器でしっかりとほぐしたとしても、むくみが取れるくらいでしっかりとした効果は発揮されません。
なので、家庭用機器を選んだ方は、自分の意思でアフターケアまでしっかりと行なう必要があります。

キャビテーションを使用するときに必要なジェルが高い

キャビテーション用のジェルのイメージ

機械にプラスして専用のジェルを購入しなければならない場合があります。
基本的にそのような場合、本体は千円弱と非常に安く、ジェルが(1本数ml入り(約1か月分))数千円します。
そして、定期購入やまとめ買いをすると、通常購入するよりも少しお得になるといった仕組みになっています。
安いと勘違いして定期購入で買い続けていると、思ったよりもいいお値段になってしまった…なんて場合もあるので、その点も注意して購入しましょう。

人によっては痛いと感じる

痛そうなレーザー光線

家庭用エステ機器はまったく何も感じないわけではなく、例えば家庭用キャビテーションならば「じんわり温かく感じる」「ピリピリとした痛みを少し感じる」といった感覚があります。
痛みに敏感な方だと、その点は少し気になるかもしれません。

まとめ

家庭用痩身エステ機器でよく挙げられるデメリットをまとめてみました。
また、家庭用エステ機器で温める→ほぐす→引き締めるの作業をした後は、ハンドマッサージでリンパの流れに沿ってしっかりと老廃物を流すのが基本です。
いくつかデメリットは挙がっているものの、家庭用エステ機器の全体的な口コミ評価は非常に高いです。コツコツと日々行ったことは必ず成果に現れます。
デメリットも踏まえた上で家庭用エステ機器を購入し、理想のボディへ近づけていきましょう♪

エステティシャンあおいさんアイコン
やらないよりはやったほうが、断然痩せます!!期待通りではないかもしれませんが、毎日の努力を積み重ねてシェイプアップしていきましょう!